teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ブザー

 投稿者:Marble Madness  投稿日:2018年 5月10日(木)02時14分58秒
編集済
  こねこ 様

板井アパートのブザーですが、管理人室からの呼び出しで鳴るんですよね。大体は家賃の催促なんですけど。以前に貼った画像にそのブザーが見切れて写ってますね。

管理人室も他の部屋同様の同じ造りなんですが、玄関扉脇の下駄箱兼物置の部分が改造されててそこに喫茶店等でよく見かけた公衆電話が据え付けてありましたね。まさにこの掲示板の背景のような色の。

時代背景的に固定電話がない住人向けに置いてたんでしょうけど、そういう電話の応対もあり、管理人室には各部屋の呼び出しができるブザー用の制御盤があったのが印象的でした。
 
 

教養坂?

 投稿者:善太郎  投稿日:2018年 5月 9日(水)16時49分54秒
  たっきゃんさん、間違いなく、教養部の建物前の「坂道」です。
正門から入ってイチョウ並木を歩いていくと、右側が人文の建物(当時は木造)、左側が理学部。そのあとに5メートルくらいの坂道があり、そこに教養部の建物がありました。これは、私が物理科の学生だった昭和45年も同じ風景です。
坂道を登り、まっすぐ行くと、教育学部、右折すると生協や大学会館でした。大学会館前がなんとなく「キャンパス」っぽい雰囲気の広場。大学会館前を左に行くと、グラウンド。
坂を登らないで右折すると、図書館や保健管理センターでした。
 

「教養坂」

 投稿者:たっきゃん  投稿日:2018年 5月 8日(火)22時09分49秒
  4月25日のこねこ様ご投稿の添付写真、60年代後半の「山大の通称教養坂」についてお教え下さい。
この坂は現在の正門から続く人文・理学部前の銀杏並木の道から、教養部へ上がる坂道のあたりなのでしょうか?
背景に写っている見慣れない建物は、かつての教養部の建物なのでしょうか?

もし、この頃の構内の様子がわかる写真をまだお持ちでしたら、是非見せて頂きたく存じます。

上述の坂道の45年前と、ストリートビューから拾った現在の写真を添付しました。
筆者の姿が邪魔になってわかりにくいのですが、当時、人の背丈の2倍にも満たぬ小骨のような苗木が坂の中央に植えられていました。
現在はもう大木になっており、1号館前の針葉樹もずいぶん伸長しています。
飯田の基礎棟横の「医学の森」も、私らが記念植樹したぐらいで、貧相な植え込みでした。
現在はまさに「森」となって鬱蒼と繁り、「失われた」でなく、「大きく育った」山形」を感じます。
 

時代の変遷なのでしょう。

 投稿者:こねこ  投稿日:2018年 5月 8日(火)19時52分19秒
編集済
  山を見ていた様、仰る通りでしょう。

板井アパートは当然ながら憧れや羨望や嫉妬の対象だったようです。
個人的な感想では神奈川県下の米軍住宅のような感覚だったのかもしれません。
確かにアパート構内は空気が違っていました。

しかし板井アパートより後に山大裏に出来た内風呂付きのひばりヶ丘アパートの方が先に取り壊されました。上から生コンクリートを流し込む工法の為、取り壊すにも大変だったと思います。





※ お詫び

私の過去の投稿はこの場に相応しくないものでした。不快感などを与えましたら申し訳ございません。反省しております。何卒ご容赦下さい。該当記事に関しましてはクッキーを削除してますのでこちらからは削除編集出来ません。削除に関しては作者様のご判断に異存にありません。作者様、ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。
 

時代。当初は高級。

 投稿者:山を見ていた  投稿日:2018年 5月 7日(月)15時15分23秒
  1955年を昭和に直すと昭和30年。
昭和35年が1960年。
1970年を平成に直さないで昭和に直すと昭和45年。
昭和40年であったら、
1965年に相当すると思います。
1960年の山大の小白川の木造2階だて、
近くの病院も木造2階だて。
1960年の直前に鉄筋4階だて、内湯なしは、
近くの山大と病院が2階だて木造に対してバブル期の億ション以上の高級アパートでしょう。
1970年に、たった10年で、所得制限以下しか入居できない市営アパート。
鉄筋5階だて内湯つき市営アパート。
1970年は所得制限以下しか入居できない鉄筋5階だて内湯つきがある時代です。
高級アパートの億ションを越えた1960年のアパートより。
1970年にたった10年で所得制限より上は入居できない市営アパートが鉄筋5階だて内湯つきです。
県外。
上の層のエリートは引っ越し族かもしれないです。
エリートがよそ者で地元民でないのも、
エリートは引っ越し族で、
外から入ってきて、また別の勤務場所へ行く。
次々に外から入ってきて、また別の勤務場所へ行く。
エリートは、その時代の高級なアパートに降りたつ。
次に来るヤツも、その時代の高級なアパートに降りたつ。
新品の時代のアパートは高級だったけど、
まだ10年で新しいアパートでも、
もっと良いアパートができた後は、
鉄筋5階だて内湯つきの市営アパート所得制限以下しか入居できない市営アパートが、
物質とぶったいと物品。
物質と物品として、高級アパートに上の層のエリートが来るのは当然と思います。
            
 

(無題)

 投稿者:こねこへ  投稿日:2018年 5月 6日(日)17時19分50秒
  自分の日記に書いてくれよ
あまりに個人的過ぎて見てられん
 

山大での学園闘争とその余波による板井アパートのステイタスの変容

 投稿者:こねこ  投稿日:2018年 4月30日(月)10時08分47秒
編集済
  当時の板井アパートレジデントの方、ここをごらんになって居られるでしょうか?

今からは想像できないと思いますが、当時は山大の校舎や至誠堂病院ですらも木造二階建てだったから鉄筋四階建て板井アパートはまさしく摩天楼でした!敷地内にはオシャレな街灯とモミの木やプラタナスなどが植栽され、さらに庭にはバラやカンナなどが咲き誇っていました。

にしても銭湯社会だったので、東湯では板井アパートレジデントの奥さんや管理人のばあちゃんやアパートの奥さんとあうわけで、地元地蔵町ネイティブと板井アパートレジデントのエトランゼは有機的に交流していたのです。
脱衣場では城北や北高のお姉さんたちが雑誌を見ては流行りの歌の話をしていて、私の憧れでした。いうわけで私も東湯で
「うちにも遊びに来てね。」
といってくれたアパートの東京芝浦電機社員宅や山大先生宅に押しかけては未就学児なのに鏡台の前に座って口紅や香水をつけていた・・・そうです。

 また当時の山大構内も近くのママさんたちがちいさな子供たちを連れて散歩するような公園的なものでした。白いアーチ上のパーテイーションで囲まれた芝生にトリトマなどが植えられ、若いママさんたちがベビーカーを押して語り合う、また芝生の中では私たちがリカちゃん遊びをするという光景が広がっていました。

 しかし学園紛争が勃発すると山大構内はヘルメットを被った学生たちの怒涛が飛びあう戦場となり殺伐とした雰囲気となりました。山大正門にはいつでも機動隊員が立っていてママ友の散歩やリカちゃん人形遊びどころではなくなったわけです。それどころか板井アパートの平穏で幸福な市民生活でさえも一方的な主義主張を武力で押し通そうとする「軍隊」に占拠されたことがありました。
 それはある日、ぞろぞろとヘルメットを被った物々しい連中が一方的なスローガンを書いたプラカードなどを持って「居住者以外の立ち入りを禁ずる」という看板もまったく無視して侵攻してきました。あれは立ち入りではなく軍事侵攻です。
板井アパート防衛隊の隊長として活躍してきた管理人の長男が非力だったことはいうまでもありません。それどころかアパートの秩序と正義の象徴として君臨していた女帝でもある管理人のばあちゃんもまったく非力でした。
この物々しい連中ですが、仙台や東京の大学の学生たちが山大の学生に加勢しに来たというもので、合流中継地点として勝手に利用されてしまったというものです。ママさんが小さな子をつれて庭に出てくるどころではありません。そして板井アパート敷地はジュラルミンをもった機動隊に囲まれ、ママが子供を遊ばせマーガレットが咲き乱れる平穏で幸福な庭園はこうして占領されてしまいました。

そのころの山大の先生たちの疲労困憊ぶりはそれは大きく、おじさんがネクタイを緩めてへなへなと板井アパート敷地内のベンチに座り込んでしまいました。「おじちゃん、大丈夫?」と縫いぐるみを抱いたわたしたちも心配になるどでした。ちなみに学園紛争終結後に山大構内には白いアーチ状のパーティションで縁取られたトリトマが植栽された芝生などはなくなっていました。おそらく殺気立った学生たちに踏み荒らされてしまったのでしょう。

そののち山大裏の小白川に「ひがりが丘アパート」という風呂付鉄筋四階建てのアパートが何棟も出来るなどして、板井アパートのステイタスは大きく変化していきました。


写真解説
一枚目 今現在の板井アパート跡地。とくに管理人のばあちゃんが困っていたアパート裏の部分
二枚目 ZARD流れる90年代、山大生が恋を育んだのではないか?という感じのリントランテ、シチリア
 

黄金期の板井アパート

 投稿者:こねこ  投稿日:2018年 4月28日(土)20時20分17秒
編集済
  Mablemadness様、貴重な写真、ありがとうございます。

板井アパートビジターとして板井アパートに顔パスで出入りしていた幼い日々のことをリアルに思い出しました!水洗トイレと鉄製サッシは当時としては画期的でした!

ちなみに私は当時ドレスメーカー女学院の生徒になってそこの先生になるのが夢でしたね(笑)

おそらくmablemadness様が居住されていたところに1960年中盤~後半に東芝社員ご一家が住んでおられた部屋の向かいの山大の先生宅と思います。
未就学の私がぬいぐるみをかかえて東芝社員宅に押し掛けて行くと、向かいの部屋からほとんど女子力を感じられないセーラー服の人が出てきたのを思い出しました。彼女がS34~36に小学生とすると、ちょうど辻褄が合います。それに山大の先生は押入れの書斎は常にだったようなので…。

とにかく山大の先生宅はとにかく本がたくさんあり、本の置き場にも困っては押入れを本棚兼書斎に改造することは常だったようです。

キッチンは北側でそのキッチンに管理人室直通のインターフォンのようなものがあって・・・。例の東京芝浦電気社員宅でお嬢さんと遊んでいると、突然台所のブザーのようなものがけたたましく鳴り、マダムがサンダルをはいて一階の管理人室へとダッシュしていったことを思い出しました。


とにかくかつての板井アパートのレジデントは山大の先生と大企業の社員、それにブラジルだかハワイからの帰国子女?などばかりで、いわゆるネイティブ山形人は後述する管理人ご一家ぐらいでした。それでまさしく
「山形にあって山形にあらず」
「山形弁が通じないエリア」
「フレンチポップスやビートルズなどの洋楽が聞こえてきて、演歌は聞こえてこない領域」
だったのです。山大の先生も山大に来る前には奈良にいたとかいう人もいて、国際色?豊かでした。また当時敷地内にはかなり広い庭園があり、バラやカンナ、パンパスグラスなどが植えられていました。季節なるとクロッカスやヒヤシンスの球根をレジデントの婦人たちは植えていました。街灯やシンボルツリーのもみの木もあったとおもいますが、プラタナスの若木何本かと、あとは周囲を玉椿の生垣で囲まれていました。

そういえばあの当時、白いスポーツカーを所有している学生てはない若い男女が最上階に住んでいたようです。二人乗りのオープンカーはその街灯やモミの木のあたりにいつでも止められていて、その若い男女は当時としては斬新はジーンズ姿で、その最上階の部屋からはビートルズのプリーズプリーズミーやロネッツのビーマイベイビー、それからカスケーズの「悲しき雨音」が聞こえて来ました。雷鳴のイントロで始まるこの曲を幼い頃から好きでした。ちなみにこのお姉さんは当時すでにホットパンツをはいていたように記憶しています。

にしてあの当時は『銭湯社会』で、やはりみんな東湯に来るので、地元の人と板井アパートレジデントは次第に交流するようになり、板井アパートビジターとして出入りしては顔パスで出入りできるようになっったわけです。
東湯に北高のお姉さんがいたりして、
「板井センセって板井アパートの大家さんだべ 北高で数学教えったじぇ。」
とか言っていたのを聞いた事があります。板井アパートオーナーは県立北高の数学科教諭だったのです。その他にも女子力の高いお姉さんも来ていて銭湯東湯は大きな存在でした。
  しかし一番西端に住んでいた山大の先生の奥さんは東湯に来ても無表情で一言も言葉を交わさずに湯船に浸かるときも壁のほうを見て他の人と目を合わせないようにしているのです。そして脱衣所に戻るとさっさと服を着て番台に軽く会釈だけして帰ってしまう・・・のです。彼女。なぜか子供たちの間で
「ツベルクリン」
というあだ名でしたが、このツベルクリンのご主人が板井アパートの裏の人気のないところで野糞を垂れたと子供たちの間でウワサされた感じの悪い山大の先生で周囲との交流はありませんでした。しかし実際にこの山大の先生がアパート裏で野糞を垂れたとは到底考えられないですが、しかし常にアパート裏で放尿や排便される方が常に居て、特に一階はキッチンは北側なので一階の方々はその野糞放尿による悪臭もひどくて困っていて衛生上大きな問題だったようです。

にしても山大の先生は平日昼間でもアパートに居て本を読んでいたりするんです。ハイドンのおじちゃんという山大の先生がいたのですが、私たちが縫いぐるみを抱っこして押しかけて行っては
「ねぇおじちゃん、ハイドンのひばりして。」
とお願いすると、レコード盤を出してハイドンの弦楽四重奏曲「ひばり」を再生してくれたりしました。このハイドンのおじちゃんはコーヒーが好きで、手動ミルでコーヒー豆を挽いてコーヒーを入れていました。そのハイドンのおじちゃんも東京かどこかの大学に転勤になってしまったように記憶しています。

当時一階に管理人一家が住んでいらして、私と東京芝浦電気令嬢とこの管理人のお嬢さんと歳も同じぐらいだったので三人でよくままごとをしていました。基本的にアパート敷地内はレジテントとビジター以外オフリミットです。山大の学生さんなどが散歩がてらぶらっと侵入してきたりすると、管理人のばあさんに追い返されていました。山大の学生じゃなくて五小の児童や一中の生徒も同様にレジデントとビジター以外オフリミットでした。

アパート北側のGSのところにはかつて旧地蔵町でも有名なお屋敷があったのですが、それが取り壊され、地下に大きなタンクを埋めてエッソのGSになりました。

 

板井アパート④

 投稿者:Marble Madness  投稿日:2018年 4月27日(金)09時54分10秒
編集済
  板井アパートの正面駐車場に大きくてそれなりの樹齢のシンボリックなモミの木(杉の木?)と外灯があったのですが、経営者が変わって駐車場的にも邪魔だったんでしょう。98年頃に伐採され、その大きな木は細かく輪切りにされて処分されてしまいました。

そうなる前に写真を撮っておくべきだったと後悔しましたね・・・。

1965年の航空写真にもその木があるのを確認できました。
 

板井アパート③

 投稿者:Marble Madness  投稿日:2018年 4月27日(金)09時52分47秒
  更に画像追加で。  

レンタル掲示板
/147