teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


胸を熱くして

 投稿者:曳月  投稿日:2017年 4月14日(金)05時49分58秒
   昨日、電子辞書で晩春の季語を眺めていたら、例句の中で次の句と
 遭遇しました。
  リラの花了ふ少女期の妻知らず    倉橋羊村
 一読して胸が熱くなり、辞書からパソコンへ。U-Tube で岡本敦郎の
 「リラの花咲く頃」をいやーホンで聞きながら、この句を何回もメロディ
 の上で辿りました。この歌は昭和26年に発表されたので、その頃私は
 19歳の学生、羊村先生は二十歳になっておられたと思います。深読みを
 させていただきますと、これは壮年期の先生が、リラの花→リラの花の
 咲く頃→奥様のその頃のイメージ、と想いを展開させて開花させて一句
 ではないかと、ほほましい男のロマンを味合わせていただきました。
 何としても羊村先生の再起を願ってやみません。
 
 

「現代俳句」4月号

 投稿者:ミッキー  投稿日:2017年 4月10日(月)12時32分57秒
  山田貴世主宰が紹介された「俳誌の散歩道『波』」の巻頭に霧野萬地郎さんの句が紹介されております。

遥かなる樹海を統べる五月富士
 

四月号

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 4月 5日(水)09時11分37秒
  遅くなりましたが、四月号をアップしました。
4月3日に山形支部の句会に富山ゆたかさんと飛び入り参加して、楽しい時間を過ごしました。
 

現代俳句

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 3月30日(木)10時45分24秒
  現代俳句協会が発行している月刊『現代俳句』4月号の「俳誌の散歩道」にて
山田主宰が『波』を紹介されました。
また、『俳句饗宴』を鈴木八洲彦主宰が紹介されました。
 

尿する青田

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2017年 3月18日(土)20時42分5秒
  同じく寺井谷子氏の「魂鎮め」の中で、72頁に

尿する青田次の余震がまた来るぞ  生田一代

熊本の生田一代さんの句もとりあげられていますよ!
 

情報です

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 3月16日(木)22時19分25秒
  角川の俳句誌3月号の寺井谷子氏のエッセイ「魂鎮め」の中に(71頁)宮城支部、鈴木朱鷺女さんの一句<きっとあなた一本の白曼珠沙華>が採り上げられています。

3月14日の読売新聞、コラム「四季」にて長谷川櫂氏が半田味加棒氏の<斬られ役らしき恋猫現るる>が採り上げられています。
 

『波』山田貴世主宰の活躍動向

 投稿者:ミッキー  投稿日:2017年 3月10日(金)08時04分24秒
  萬地郎さん、標記の件に関しまして情報ありがとうございます。
会員のメンバーが目にした情報、耳にした話題はぜひお互いに共有し伝達したいですね!
本掲示板を活用しましょう!!
 

活躍など

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 3月 9日(木)22時03分7秒
  主宰の活躍が俳句誌に特集などされています。
俳句四季の3月号には『喜神』特集、「wep俳句通信」VOL96にも作品16句が掲載されました。

一般の俳句誌の全てには目が届きませんが、この掲示板へ皆さまからの書き込みでお互いに情報を伝達しませんか?
 

2月のカレンダー

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2017年 3月 7日(火)20時31分20秒
  後先になりましたが、2月のカレンダーには主宰の

鴛鴦という紅梅にある疲れ   山田貴世

格調高く、また繊細な余情もあって、さすがにすばらしいですね。
 

たんぽぽさんへ

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 3月 4日(土)20時44分36秒
  お目に止めて頂き有難うございます。  

いい写真です

 投稿者:曳月  投稿日:2017年 3月 3日(金)09時46分47秒
  利島でしたか。 よく撮れています。伊豆七島の式根、御蔵、三宅
付近で釣に夢中になっていた頃を彷彿とさせていただきました。感謝。」
 

3月のカレンダー

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2017年 3月 2日(木)22時35分37秒
  現代俳句協会のカレンダーを一日遅れてめくると、

イースターその日その名の島に立つ   霧野萬地郎

編集長の俳句が目にとびこんできました。モアイ像も目にうかびます。
萬地郎ワールドですね~!
 

三月号

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 3月 2日(木)10時24分7秒
編集済
  三月号をUPしました。
ゆたかさんの利島の見える相模灘の写真が見事です!
 

曳月さんへ

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 3月 2日(木)10時22分4秒
  それはおめでとうございました。
旨い祝杯でしたね~!
曳月さんの祖父さんの棟上げとはかなりの昔のことですね。
上五の措辞、勉強になりました。
 

毎日新聞社俳壇

 投稿者:曳月  投稿日:2017年 3月 1日(水)15時23分3秒
  月曜日(2月27日)の毎日新聞朝刊俳歌壇に私の句がのりました。
西村和子の特選。

 春や昔祖父の棟上げ祝唄  関根和夫(曳月でなく本名で記載)

ちょっと一杯飲みました。
 

二月号

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 2月 1日(水)18時13分5秒
  二月号をUPしました。
カモメの写真が愉快です!
 

一月号

 投稿者:萬地郎  投稿日:2017年 1月 2日(月)17時13分33秒
  明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

一月号をUPしました。
 

12月号

 投稿者:萬地郎  投稿日:2016年12月 1日(木)10時27分26秒
  頁を更新しました。

ご意見などございましたら書き込みください。
 

藤沢市秋の市民俳句大会(10月10日)

 投稿者:神谷章夫  投稿日:2016年10月 5日(水)22時10分19秒
  山田貴世さま

留守電の件です。講評のピンチヒッター承知しました。山田さんの電話番号がわからないため、ここに書き込みます。どなたか、この掲示板をご覧になったかたは、山田さんにご連絡願えますでしょうか。明日から、9日まで出かけます。
 

一休みして

 投稿者:ミッキー  投稿日:2016年 9月 9日(金)10時12分42秒
  月に一度の立ちより者です。
「波」は8、9月号の合併月ですね。編集の方には本当にお世話になり、暑い8月は夏休みが最大の喜びでしょうね。でも、単独の9月号がないと読者はとても、とても、、、残念なことです。
その分、脇さんのブログを楽しめました。いつも素敵なエッセイと写真に俳句を添えられて、以前よりペースは落ちたようですが、心身のバランスと健康を第一に続けられて下さい。影で待っている人間もおります。(笑)
 

レンタル掲示板
/18