teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


「梅月」考

 投稿者:たっきゃん  投稿日:2017年 2月10日(金)00時25分7秒
   こう様のご指摘有り難うございました。正式な店名は「梅月堂」で、ビルには梅月堂でなく「梅月館」と記されているのは、よく存じております。
しかし、少なくも私が山形にいた8年間、人々は梅月堂ではなく、「梅月」でランチを食べた、と言うのが普通だったと思います。
戦前からそのようで、くだんの詩人も私の記憶が正しければ、「梅月といふ、明治製菓のやうなところで」と書き、案内した山形の知人の手記でも「梅月」です(下のHP参照)。

たぶん、
1.梅月堂は「梅月」が通称であった(「ジュンク堂」でなく、ジュンクで本を買ったという人が多いように)。
2.下の菓子店名は梅月堂であったが、2階のレストラン・喫茶の店名が、たとえば「喫茶・梅月」であった。
3.もとは「梅月」だったが、後に「梅月堂」に屋号がかわった。
のどれかでは?と愚考致します。

作者様、長老の話が聞けるこねこ様、どうなのでしょうか?

別件で作者様にお聞きしたい事があります。オーヌマホテルは、私の記憶ではどうしても「ホテルオーヌマ」なのですが、途中で名が変わったということはないのでしょうか?

 はじめてのアルバイトがビラ配りでした。誰それは稲荷角、誰それはグランドホテル前・・お前は「梅月」の前で配れ、と指示され、まだ地理もわからず、「バイゲツ」とはどこですか?と質問したのを、書いているうちに思い出しました。

http://www.tokyo-kurenaidan.com/tachihara-morioka-yamagata2.htm

 
 

梅月

 投稿者:こう  投稿日:2017年 2月 8日(水)12時35分12秒
  しつこくてすいません。
「梅月」では無くて、「梅月堂」ですよね?
 

山形の冬スポーツ

 投稿者:たっきゃん  投稿日:2017年 2月 5日(日)23時04分16秒
   この時期は何と言っても、初めて経験した冬スポーツの思い出です。
母「どさいぐの?」息子「ジャスコだず!」(40年前のコマーシャル)のスポーツ品店でスキーを買いました。
3月上旬、快晴の地蔵岳から見た白銀の月山、鳥海山は、20歳にして初めて見る絶景でした。温泉街にあった、硫黄の堆積した無料の公営温泉につかるのも楽しみでした。
今は龍山のリフト乗り場があった奥にジャンプ台ができているのですね。女子選手の活躍が嬉しいです。
しかし蔵王は金がかかる・・駅からそのままゲレンデに出られた面白山で練習したものですが、ストリートビューでは無人みたいです。閉山してしまったのでしょうか・・

 元木(アイスパレス?)と桜田(名失念)にあったスケート場も今は無いようです。
後者は医学部の門前だったので、学生課で半額券をもらって時々滑っていましたが、51年頃に閉鎖されました。

 5年前の山形再訪時は年末で、落合の競技場が開放されており、生まれて初めて屋外、しかも400mのコースに連れて行かれました。
何しろ40年ぶりのスケート、滑れるかな?と怖くて2-3周は補助具にすがりましたが、なんと感覚はすぐよみがえってきて、あとはスイスイと(笑)。
父が滑って転ぶ様を心配(期待?)していた息子や娘は目が点になっており、本当に若い頃の山形に感謝した次第です。
また年寄りの自慢話ですみません。
 

山大の石垣

 投稿者:善太郎  投稿日:2017年 2月 5日(日)09時34分53秒
  こねこさま、こんにちは。
昭和49年ごろ、東原町のゴキブリ長屋に住んでいました。すぐ目の前が墓場で、現在は、学研の学習塾になっているようです。
山大の石垣は、ストリートビューによると、当時と同じようですね。学校に行くときも帰るときも、この石垣に沿って歩いたものです。
食料がなくなると、長屋とは反対の方向を石垣に沿って、理学部の裏手を、ヤマザワまで買い出しに行きました。天満湯の方向だったと思います。当時は、畑が広まっている風景だったと覚えています。
 

梅月、山大の石垣等

 投稿者:こねこ  投稿日:2017年 2月 1日(水)17時33分40秒
編集済
   たっちゃん様にはお姉さまがお二人いらっしゃたのですか。手作りお揃いのお洋服、ほほえましいですね…。今でも年季の入った足踏みミシンはとってありますが、しかし使うことはないです。

梅月はよく母や近所の奥さん(友達の母親)がお菓子や北欧風パン(菓子パン)を買って来ていました。スィートポテトが絶品で、しかも大きいです。ドレスメーカー女学院前のバス停から乗って旭銀座に行きました。二階のレストランで一度か二度ぐらい食事したことはあったけど大人の雰囲気でヨソ行きの服を着てお行儀よくしていなくちゃならないから子供には窮屈でした。かつて旭銀座にはハイカラな洋菓子店というか大人の雰囲気のパーラーが他にも二軒ぐらいありました。ドレメ前バス停で待っている時、ドレメ校舎内のトルソーなんかが見えてフェミニンな雰囲気とともに憧れでした。ドレメの向かいには大判焼き屋があってドレメの生徒さんや至誠堂病院の看護師さんで賑わっていました。近所のお姉さんたちもうだけどあのころドレメの生徒さんは北高出てきた人が多かったうです。昔は足踏みミシンを業者さんに頼んでモーターをつけてもらって電動ミシンにしてもらうことも多かったです。そうするとガサばらないし、電動なので効率もいいです。でも机のように大きな足踏みミシンはあの時代の家庭を象徴するアイテムですね・・・。

 山大前バス停と山大の石垣、まだありますね・・・。内藤洋子さんがいた店はぜんぜんわからないけど、小学生の頃、あの石垣にカタツムリが居ました。カタツムリはなんとなく可愛いですね・・・。それでカタツムリを探していたら石垣のところを大きなへび虫(へびみたいな大きなイモムシ、セスジスズメの幼虫?)が歩いていたことがあり、もう泣きたくなるような気持ちになってそれは怖くて以後山大の石垣(というより山大前通りをわたった山大側)には寄り付かなかった時期もありました。

 蜂屋さんもジャスコ七日町店も閉店して久しいですね・・・。七日町のジャスコの地下にはヤマザワ、二階にはスポーツ店が入っていて、中学のときに友達とそこでウェアをいきました。ああ「ごりら」っていう店が角にありましたね。?
 

なつかしのお店

 投稿者:たっきゃん  投稿日:2017年 1月29日(日)22時41分13秒
   山銀本店の向かいは、私が在学中に「メンズニシムラ」になっていて、安物のジャケットを買いましたが、その前は山交の建物でしたか?山交タクシー、ハイヤーだったか看板があったような・・

 しかし何と言ってもあの角は梅月ですよね。郷里の私の友人のお父さんが旧制山形高校の出身で、二十歳の頃に出会った時、まず聞かれたのが、「今も旭座はあるんか?梅月は?、なつかしなあ、旭銀座・・」でした。金がうーんとあるときに女友達と2階(3階だったかな?)のレストランで食べたハヤシライスの玉葱の甘さが忘れられません。詩人の立原道造も山形に立ち寄った時に、「梅月という、明治製菓のようなお店で」昼食を食べたようです(その友達の卒論主題は道造でした)。しかし、梅月は高いし、ちゃんとした身なりの人ばかりで敷居が高く、かといってデートにラーメン屋も何でしたので、たいていは安くて、まあ格好のつく産業会館の地階あるいは教育会館2階のレストランで食事しました。地階の入り口に、「レストラン」と書いたウエイトレスの漫画看板が立っていたのを思い出します。梅月は建物はそのままのようですが、2-3階は現在はどうなっているのでしょうか?

 懐かしい・・「こまどり」、それこそ40数年ぶりに聞きました。私は連れていかれた方でしたが、焼き鳥も煮込みも美味しかったですね。あとの飲み屋は「ふくろ」を除いて残念ながら知りません。よく行った飲み屋は花小路「喜代栄」「おばちゃん」「安愚楽」ぐらいでしょうか。喫茶店の「レモン」というのはよく覚えていないのですが、その東隣がアカハタを積んであった暗~い共産党系の古本屋でしたかね・・もう少し東の「煉瓦屋」は、私が教養部の時に出来たように思います。5年前の再訪時は残念ながら定休日で、ここも以前からあったと思う、近くの「ひまわり」に入りました。勘定のとき「山形すっかりかわりましたね」と言ったら、「んね、なーんも変わってねえ」といわれましたが・・

 善太郎様のパチンコ「蔵王会館」は、こねこ様のお話どおりなら、支店が何カ所かあったのかも知れませんが、少なくも私が入ったことのある七日町のお店の写真を貼っておきます。YouTubeにあげられた、くだんの動画からいただきました。十一屋の南隣で、その南には遠藤書店があったかなあ・・不確かです。

 こねこ様の「ドレメ」は和歌山の名もなき私の田舎町でも、小さいながらも7-8年前まで健在でした。日本全国で一体どれぐらいあったのでしょうか!?まだ小学校にも行ってない頃、うちの母もミシンを踏んで、商売や農業の合間に、姉二人のおそろいのワンピースを縫っていたのを思い出します。まだ昭和30年前半、子供服は作る物だったのでしょうね、「3丁目の夕日」そのままの時代でした。
 

待月

 投稿者:善太郎  投稿日:2017年 1月28日(土)14時13分24秒
  すみません、不確かな記憶で書いてしまって。
私の記憶では、七日町のタクシー会社の横を奥に入っていったところに、「待月」があったように。あのタクシー会社が山交ビルとばかり思っていました。
 

待月は

 投稿者:こう  投稿日:2017年 1月28日(土)12時23分25秒
  山銀の西向い、まねきねこのビルの一角ではなかったでしょうか?
山交ビルの裏と言えば、龍上海ですね。
 

遠い日の飲食店

 投稿者:善太郎  投稿日:2017年 1月27日(金)16時42分40秒
  たっきゃんさん御記憶の、「大学前通りにあった小さな喫茶店」は、なんとなく覚えています。オリーブとかサルビアとか、そういう植物系の店名だったと思います。7、8名も入れば満員の、小さな喫茶店でした。店内は、水色か薄緑系の装飾でした。ママが上品で優しそうな方でしたが、内藤洋子さん似だったかどうかまでは記憶にありまへん(笑)。

喫茶店は、いろいろ行きました。
王城、レモン、フランセ。いずれも七日町ですね。レモンは七日町の角にあり、現在はモスバーガーになっているようです。
当時、学生が喫茶店に入ると、2時間3時間はあたりまえ。我々は「長居する」ことを「ネバる」と表現していました。お店にとっては、さぞや迷惑な客だったでしょうね。

パチンコは、山形ホールと蔵王会館。それらの所在地について、当時の学生仲間に聴いてみましたが、誰も覚えていません。皆、当時は足しげく通っていたくせに。

居酒屋は、こまどり、タイガー、おか(香澄町)。
「こまどり」は、強面のおじさんの焼き鳥屋さん。
「タイガー」は、辰寿司の通りを七日町方面へ。「ごりら」という店の向かい側にありました。体格のいいマスターと優しい奥さんが、貧乏な学生の味方でした。煮込みと焼きサンマが絶品。
「おか」は、駅に近い方にありました。おばさんと娘さんがやっていて、心づくしの家庭料理でいただく清酒「栄光富士」は、胃にも心にも沁みました。
「ふくろ」は、県民会館の裏手。当時、山大の演劇サークルと市民劇団に所属していて、その定期公演を県民会館でやり、打ち上げは、きまってオデン屋の「ふくろ」でした。

昭和48年ごろ、私が山形を離れる少し前、七日町に、ジャスコができました。上の階に小さなゲームセンターがあり、そこで遊んだ後、同じ階の「蔵王蕎麦」で盛り蕎麦を食べました。
バイトで西校生の家庭教師をしていて、バイト料が入ると、七日町の「蜂屋本店ビル」に行き、2階だか3階の中華料理店で排骨麺(パーコー麺)を食べました。せめてもの贅沢でした。
夏は、山交ビル裏の「待月」で冷やしラーメンを食べました。スープが絶品で、すべて飲み干しました。
ジャスコ、蜂屋本店、待月は、ストリートビューで探すこともできず、廃業したのでしょうか
 

OK輪店、山大前銀座、男子禁制のドレメなど

 投稿者:こねこ  投稿日:2017年 1月27日(金)13時21分54秒
編集済
  いろいろ人に聞いてみたら、そういえば高瀬商店の隣に自転車屋さんみたいなのがあったかもしれない、ということでした。そこと山大裏目黒駅近くに輪店との関連は今では全くわからないです。

山大裏のOK輪店のおばちゃんはずっと東湯に来ていて、冬場は東湯となりのGSで灯油を買って山大北側の道を灯油缶二つ持って徒歩で休みながら山大裏の自宅店舗へと帰ったことは覚えています。


作者様のサイトの

http://ht9901.web.fc2.com/tooka2.htm

が山大裏のリアカー貸し出しのOK輪店と記憶しています。



 山大前通り、とくに正門から南のほうはかつて山大前銀座と言われていて、学生と地元主婦がいいお得意先で独特の活気と賑わいがあったそうですが、みつます(現マックスバリュー)などの大型店が出来ると客足はそちらに流れてかつての山大前銀座の活気はなくなってしまいました。山大前銀座商店主も多くは郊外の新興住宅地に引っ越してしまったり子供の居る県外に行っちゃったみたいです。

 たっきゃんさまの仰るデザイン画材屋「クラフト」の建物はかつては麦工房シベールでした。いまやラスクで全国的に有名になったシベールは最初は海谷八百屋近くのちいさな店で、まもなく山大前の現クラフトに引っ越してきたそうです。そしてそこがしばらくの間基幹店だったそうです。


今は無きドレメですが、近所のお姉さん等が通っていたので子供の中に入ったことがあります。とにかく『女学院』のためにかある意味東湯女湯以上に男子禁制の世界、なんとも言えない落ち着いた安堵感が包み込んでいました。私はこの雰囲気がとても好きでした。かつては夜間部もあって、夜も明かりがついていました。


ちなみに七日町にいくにはドレスメーカー女学院前のバス停から乗り降りしていました。

ドレメは戦後間もなく和装から洋装に変わった時に最盛期だったそうで、その後は花嫁修業の場として機能していたようです。目黒駅前にドレメ本部の杉野服飾大学(男女共学)がありますが、あの頃の地蔵町(東原)の山形ドレスメーカー女学院の雰囲気は全く感じられませんでした。


作者様のサイトにも雪に埋もれる今は無きドレメがありますね。

http://ht9901.web.fc2.com/dress.html

 

レンタル掲示板
/141