teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


「OK輪店」と「東湯」

 投稿者:善太郎  投稿日:2017年 1月20日(金)11時11分16秒
  昭和45年入学、49年卒業の山大・理学部の、現在は埼玉在住のOBです。
入学当時は、正門から入り、左に理学部、右に木造の人文学部、もうすこし進んで教養部、敷地の奥に教育学部がありました。

学食は、大学会館にありましたが、そのあと、生協の建物にも開設されました。一番安いメニューは「基準食」で、皆は「最低食」と呼んでいました(笑)。一番高いのはハンバーグ定食で、上に目玉焼きが乗っていました。貧乏だったので、いつも「最低食」を食べていました。

演劇サークルに属していて、部室は、グランドそばの、ハーモニカ長屋で、1階の水飲み場のそばでした。

何人かの方々が投稿されていますが、山大の正門真向かいの自転車屋さんは、たしか「OK輪店」という名前だったと思います。山大生が引っ越しするとき、学生証を「担保」に、リヤカーを貸してくれました。そんなに高い料金ではなかったと思います。

銭湯は、正門を出て、交番の並びにありました。それが「東湯」だったのでしょう。狭く、古い銭湯だったので、たまには、天満湯まで行きました。
喫茶店は、もっぱらジャズ喫茶の「フランセ」でした。人数が多いときは、「王城」という大きな店にも行きました。時折、正門近く、高瀬商店の真向かいに、「(記憶では)学生街の喫茶店」という店がありました。

パチンコ屋は、「山形ホール」と「蔵王会館」に足を運びました。
ストリートビューを見ても、山形の街並みもすっかり変わり、びっくりしています。
どなたか、山形ホールと蔵王会館が、どの辺に(できれば住所など)あったのか、教えていただければ幸いです。
山形を離れ、もうすぐ50年になります。20数年前に再訪したきり、行っていません。
 
 

10年前

 投稿者:作者  投稿日:2017年 1月17日(火)23時39分32秒
  10年前の風景はこんな感じです。

http://8407.teacup.com/fuku990/bbs/1463

 

海谷青果店

 投稿者:たっきゃん  投稿日:2017年 1月17日(火)23時21分56秒
  山形はすごい雪ですね・・こねこ様、写真を有り難うございました。
ところが場所のオリエンテーションがつかず、ストリートビュー(SV)を参照しました。
奥に見えるアパート(SVではレノンハウス)が海谷青果店あとですね。
青果店にはチョコもあったのでしょうが、貧乏学生だったので、おかずにできるタンパク質にしか目が行きませんでした(笑)。
店の大将はレジの際、おまけを入れてくれる様な優しい方でした。
おでんの「あらき」は近景と電信柱の間の三角屋根の家です。SVでは窓に「テンプラ」と書かれており、
今はテイクアウト用の天ぷら屋さんでしょうか。なんと建物は当時のままです。
交番の西には、当時から古い薬局があり、緊張しながらス○ンを初めて買いました(また品位をさげて恐縮です)。
その隣には、古いお屋敷のような植え込みのある医院か歯科があったような・・

創業ン十年の福家食堂もハイテク化しているわけですね。
当時は、二階の2座敷間のふすまをはずすと、結構な人数のコンパもできました。
学外でのコンパは山銀本店裏通りの「ふくろ」の別館をよく使いましたが、
たいていは北門入って左の古い木造2階の建物で、学食に料理を頼み、一升瓶持ち込みの茶碗酒でした。
タバコを吸わない男子学生など珍しい時代で、畳にはこげあとが一杯で、
灰皿代わり、ゲロ吐き用の金だらいが一杯置いてありました。
未成年がどうこういう人もいず、よき時代でしたなあ・・
ゲバ学生は中核が授業前に教室に入ってきてアジっていましたが、
あさま山荘事件のあとで、もはや誰も彼らを相手にしていなかったと思います。

いつも長文になってすみません。
 

海谷八百屋など

 投稿者:こねこ  投稿日:2017年 1月16日(月)11時59分14秒
編集済
  たっちゃん様の描写、リアルですねー。乾物と鯨缶とあそこにはロッテガーナチョコレート何でありませんでしたか?八百屋さんだから無かったかも?交番は薬局になり、ドレメがツルハになったために閉店しその後学習塾になりました。管理人様の仰る通り新建材の味気ない光景です。
海谷青果店はその後跡取りもいないために閉店したと聞きました。
ご主人は山大正門の旧地蔵町界隈にもお得意先が多くてよく自転車等で配達してくれました。(山大前は車が通れない道が多いです)
半纏ってありましたねー。
なんだかチューリップの心の旅やサボテンの花の世界ですねー。


昔山大も荒れていて、山大の北側の道に機動隊のバスがいつでもとまっていたりさらに山大前通りで走行中の森永牛乳の車が山大の中から飛んできた学生の石がボンネットに当たって肝を冷やしたとか…。森永牛乳って山大前にありましたが、その車です。







写真は今日の海谷八百屋があった界隈です
 

そうでした!

 投稿者:たっきゃん  投稿日:2017年 1月14日(土)23時28分58秒
   手芸店近くの八百屋さん、こねこ様のおっしゃる通り、確かに「海谷青果店」でした!
すっかり店名を失念していましたが、その一言で、40年前の姿がありありと瞼に浮かんできました。
ざるに盛って並べられた一山100円のナスや梨、奥の棚に積まれた鯨の缶詰や乾物、軒先のフードから垂れ落ちる雨水・・
その道向かいの南角にあった、おでんの「あらき」まで思い出しました。
裸電球、コップ酒、貧相な大将・・枯れススキのように汚く、狭く、安い店でした。
綿入れのはんてん(山形では何と言いましたか?秋田生まれの友人は「どんぶく」、
楯岡の女友達は「じゅばん」と呼んでたように思いますが・・)を羽織って
口論好きな、共産主義かぶれの級友に時々連れて行かれ、やり込められてばかりいたなあ・・

しばし、タイムスリップした気持ちです。有り難うございました。
 

福家食堂のショウウインドウ等

 投稿者:こねこ  投稿日:2017年 1月12日(木)17時56分44秒
  二日続けて真冬ですね・・・。雪もドンドン降ってきてこれからドンドン寒くなるとのこと、こうなると和歌山なんかの南国が羨ましくかんじられます・・・。

たっきゃん様の仰る古書店いずみ書房向かいの手芸店の南方向の八百屋さんですが、海谷青果店ではないかとおもいます。八百屋さんをやめて久しいです。
 山大前の町は今では住居表示が東原ですがかつては山大前住宅地北半分、東湯も地蔵町といっていたそうです。海谷青果店のご主人はこの地蔵町まで御用聞きに廻っていたとのことです。ところでたっきゃん様の記事を思い出して福家食堂のショーウィンドゥを久しぶりで除いてみたら、蠟細工の見本はひとつもなく、代わりにデジタルフォトフレーム一つ置かれていて、そこにラーメンの写真が映し出されるというシステムになってしまいました(!)福家食堂の二階に座敷があるんですね・・・私は今まで知りませんでした。

私もグーグルストリートビューで学生時代を過した杉並の町を何度も散歩(?)しました。懐かしいです・・・。仲のいい友達と自転車二人乗りであちこちいったものでした。友達とデュラムセモリナ粉で生パスタを作ったりして皆を呼んでりして・・・。
 

手芸店

 投稿者:作者  投稿日:2017年 1月 9日(月)20時33分42秒
  いづみ書房の当時の写真
http://ht9901.web.fc2.com/4kosira2.htm
を見ると、確かに手芸店がありましたね。
小さな専門店が ネットショップに駆逐されていきます。
 

町の変貌

 投稿者:たっきゃん  投稿日:2017年 1月 9日(月)18時38分36秒
  こねこ様、福家の写真を有り難うございました。
記憶では福家のすぐ隣がバイク屋だったような気がするのですが、ここも駐車場になってしまいましたか・・
別のお店かもしれませんが、手芸店はホテルオーヌマの北、古本屋「いづみ書房」の向かいにあったように思います。
その南に八百屋があって、ヤマザワより安い果物や野菜を買いに、よく通いました。
ストリートビューで見たら、手芸店もヤマザワも八百屋もなく、さらに小白川の交番もなくなってしまったのですね(涙)。

四国から山形まで、これまで7つの町で暮らしました。
グーグルアースは有り難いですね、記憶を頼りにこれらを見てまわると、
作者様がおっしゃるように、どこも例外なく、古い街並みは小綺麗な住宅とアパートと駐車場だらけになっていました。
駅や空港は全てモダンで立派になりましたが、どうも風情がありません。
古い山形駅の1番ホームで、のどかにコーヒーや弁当売りのバイトをしていた頃が夢のようです。
神町の空港も田舎の駅舎みたいで、駐車場に食堂があって、彼女がバイトしていました。
当時はYSでしたが、就職して初めて飛行機で帰省し、自分が偉くなったように感じたものでした(笑)。


街は変わっても神社仏閣だけは変わらない、と思いきや、
予備校の時に、その門前町に住んでいたことのある京都の某寺を先日訪れましたが、
境内の砂利道をアスファルトにして、観光バスをバンバン入れているのにはあきれました。
長くなってしまって失礼しました。
 

いよいよ

 投稿者:作者  投稿日:2017年 1月 7日(土)12時47分13秒
  馴染みの風景は残り少なくなって
新建材のつまらない建物と駐車場が並ぶだけの通りが増えています。
今のうちにとは思うのですが、なかなか忙しく 写真記録にも残せないでいます。
う~ん…
 

福家食堂等

 投稿者:こねこ  投稿日:2017年 1月 5日(木)16時39分22秒
  福家食堂は少なくとも昭和三十年代前半には存在していたそうです。今でも残っています。今日、山大前に行ってみましたが、福家食堂の北にあった(ような気がする)バイク屋(自転車屋?)や手芸店(文具店?)も無くなっていて、駐車場になっていました。山大正門前の高瀬商店(?)には美人の看板娘がいると私がごく幼い頃、大人たちが話していました。ドレメは知り合いの家のお姉さんが通っていて、幼い頃、ドレメの文化祭に行ったような記憶があります。(北高の文化祭かも?)

 ところで私が学生時代を過した都内の町も再開発だのなんだのいって高層マンションだとか高級ブランド店が出来て激変してしまいました。当時小学生だった大家さんの娘さんたちと一緒に買い物したり一緒に遊んだりしたこともありましたが、でも彼女たちもお嫁に行ってあの古い家も取り壊されてしまったようです。上京してすぐは淋しくて郷里の家族や友達に電話しまくっていました。でも気が合う友達が出来ると、もう郷里に電話しなくなってしまいました。
 

レンタル掲示板
/138