teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


どこが悪い!

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月19日(月)10時05分50秒
返信・引用 編集済
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000078-spnannex-ent

「獣のような走り」のどこが悪い?
小生には全くの「誉め言葉」であり、いい表現だと思える。

人間よりもはるかに優れた走り方をする獣に例えて選手の素晴らしい走りを表現するのは全く正当で、非難を受けるべきところは何もない。

そもそもこういうのを非難するようなずれた感覚の意見がどの程度あるのかわからないが、そういうのを記事にする者のセンスがおかしい。最近、こういう幼児的な現象がやたらに多い。
嘆くべし。
 
 

活発だったね

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月16日(金)20時30分54秒
返信・引用
  https://www.youtube.com/watch?v=8xy4pR2jAbw

この中に出ている「野村秋介」と「西部邁」は自裁した。
 

思い切った発言

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月15日(木)10時54分13秒
返信・引用
  大病を患った原口議員は何かがふっ切れたのだろうか、大胆な発言をしている。
まさに真実の姿をえぐった視点である。

https://www.youtube.com/watch?v=sMQYBTAMqCo
 

聴かせたい、現政権の面々に。

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月12日(月)17時58分28秒
返信・引用 編集済
  日本は人文系の学科は廃止せざるを得ないような方向に進んでいるが、そりゃあ、明らかに大間違いであることはいささかでも「真理を求めての切実な体験」をしてみればわかることであるが、そういう体験のかけらもしたこともない者たちが形成する「無教養な顔ぶれ」の政府が導こうとしている日本はあまりに情けない。まったく、同感である。

https://www.youtube.com/watch?v=A3oy_2-Qie0

 

トランプはだめだね。

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月10日(土)19時09分37秒
返信・引用 編集済
  小生は「ヒラリーよりもトランプが大きな戦争をしないだろうからまだましだ。」と考えていたが、トランプもどうしようもないね。

「謙虚さ」の大切さについていろいろと語るこのセミナーの中で日本では放映されたかった(多分)トランプの映像が紹介されているが、本当にげんなりさせられる世界帝国の長である。
ロシアのエリチェン大統領がちょうど同じような振る舞いを部下に対して行うのを見た人が書いていたのを思い出した。権力を誇示する最低の人間である。

https://www.youtube.com/watch?v=IrmsEVx21nI
 

農作業のすすめ

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月 6日(火)15時54分56秒
返信・引用 編集済
  当たり前だが、農作業を日常的にしている人は「心身の自立度が高い」という研究があるそうだ。何も調査するまでもなく当たり前のことである。小生の隣の畑では84歳と79歳の先輩方が作物を作っているが、小生よりも元気である。力も強い、それに粘り強い。集中力もある。戦前世代、戦中世代が育った時代は鍛え方が戦後世代より数倍上だったのではないか、と思っている。小生も、線路工夫や木こり、土方など体を使う仕事は割にやったほうで、同世代では負けないくらいには体を動かすことは厭わないほうだったが、とてもかなわない。

https://www.youtube.com/watch?v=p2mDhO921Ac&t=36s


楽器を弾けることは素晴らしいね。うらやましいな。

https://www.youtube.com/watch?v=I79eTFg-bEM
 

興味深いセミナー

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月 6日(火)11時53分22秒
返信・引用 編集済
  寒くて雪も降っている日は外で仕事ができない。そういう時は、何か面白い番組はないか、とYouTubeで探すと、いろいろある。
以下のスコットランド出身の日本語がうまい人物はびっくりする人生を歩んでいるようだ。
とても興味深い話をしてくれる。1952年生まれで世界70か国を歴訪、アフガニスタンのガンダーラで日本の全を紹介したフランス語の本を読み、来日。いろいろ語るので全部見ると大体わかってくる。彼が動き回っていたころに小生も旅をしていたのでアフガニスタンかインドあたりで行き違っていたかもしれず、親近感がある。


https://www.youtube.com/watch?v=cM4HAddxZYg

https://www.youtube.com/watch?v=hPZhxuUnNf4

https://www.youtube.com/watch?v=9Vea1NmfoIk
 

本当か?

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 2月 6日(火)08時42分52秒
返信・引用 編集済
  日本が米国、イスラエルの意に反して「パレスチナ国家を認め、米国が援助を取りやめるのに反して援助を増大する」というニュースが海外で出ている。もし、それが真実だとしたら、ついに日本は独自外交を開始したのだろうか、それともこれも米国の指示で動いているのだろうか?


https://www.middleeastmonitor.com/20180205-pa-japan-to-recognise-palestine-state-increase-aid/
 

西部邁 保守主義とは何か

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 1月22日(月)08時49分23秒
返信・引用 編集済
  http://www.videonews.com/marugeki-talk/307/

小生は西部氏の著書を40代前半によく読んでいた。書庫には1992年発行の「人間論」1993年の「リベラルマインド」などがある。30歳代の10年間は20歳代の10年で蓄積されていたエネルギーで超えれたが、40代になって内的エネルギーの枯渇を自覚し、先を切り開くには世界の動き、歴史についてしっかりと勉強せねばならぬ、と考え、本を渉猟し始めたころに「西部氏」の著書に出会っていた。確かこの本の中で使われた「新保守主義」という言葉は「ネオコン」のことだが、日本では初めて紹介されたのではなかったろうか。
理解しにくい話し方をする人だったが、こういう硬骨の論客はなかなかいない。

合掌。

 

ほんとにやっちゃたよ。

 投稿者:おがた  投稿日:2018年 1月21日(日)17時04分58秒
返信・引用 編集済
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000512-san-soci

10日ほど前、西部さんの番組を見ていたら12月に死ぬ準備をしていたけどとりあえず思いとどまった、という発言があった。

でも、ほんとにやってしまった。


https://youtu.be/9AGzVcr6V8w?t=18


最後の映像と発言


http://s.mxtv.jp/nishibe/archive_detail.php?show_date=20180120
 

レンタル掲示板
/105